• HOME
  • 障害者手帳

障害者手帳の申請

 

障害者手帳は、現在、3種類の障害に対する障害者手帳があり、それらを取得することにより障害の程度に応じて福祉サービスを受けることができます。

障害の認定につきましては、医師の診断や専門家の審査・判定等により障害者手帳の交付が決定されます。

 

1.身体障害者手帳

先天的、後天的疾病や事故等により、本来人間が持っている機能が損なわれ、日常生活に支障が生じている方が交付対象となります。

 

2.療育手帳

生後から18歳未満の間に知的障害(知能指数がおおむね75以下)の知的障害者が現れ、日常生活に支障が生じている方が交付対象となります。

 
3.精神障害者保健福祉手帳

精神障害のため、長期にわたり日常生活または社会への制約があり、精神障害により障害者年金を受けている方または精神障害のため6ヶ月以上の通院している方が交付対象となります。

また、自立支援医療費の申請(医療費自己負担3割が1割に軽減される)を同時に行うことができます。


障害者手帳を取得するメリットデメリット

メリット

 

1.     経済面では、様々な税の控除(所得税、住民税等など)や交通機関の運賃減免、公共施設(博物館や美術館、映画館など)の利用料減免待遇を受けることができます。(控除項目は各発行自治体によって異なります)また、要件を満たせば障害者年金が支給されます。

2.     雇用面では、障害者雇用の枠組みでの応募が可能となり、相応の配慮を受けた勤務が可能となります。

 

デメリット

 

1.     心理面では、手帳取得によってご本人の心的ストレスが増える恐れがあります。(ご家族を含めた周囲からの理解が得られない場合や、「精神障害者」と認定されることへの抵抗感など)

2.     雇用面では、障害者雇用の場合、昇進や待遇面で一般のルートから外れる可能性があります。

 

障害者手帳の申請手続きの流れ

 

1.     役所福祉課に申請したい旨を伝える。

  ※こちらから申し出れば、手続きの流れなどの説明をしてくれます

2.     上記の福祉課から「指定医師診断書」を受け取る

3.     各医療機関に役所福祉課で受け取った「指定医師診断書」を提出し、診断書を作成してもらう(医療機関では簡単な問診、場合によっては検査、測定などをされる場合があります。)

4.     区役所福祉課に各提出物を持っていき、役所福祉課にある手帳交付(再交付)申請書を記入、提出する

持参するもの

・証明者写真

・印鑑

・「指定医師診断書」用紙

・身体障害者手帳(障害の程度変更の場合)

 

5.     (この後、審査に約1ヶ月半にかかる)

 

6.     審査終了後、役所福祉課から文書が届く

 

7.     役所福祉課に届いた書類、印鑑、身体障害者手帳(障害の程度変更の場合)を持って、交付していただく

 

当事務所のサポート

 

佐賀障害年金相談センターは、障害年金を中心とした障害をお持ちでお困りの方に

トータルな支援をさせていただいております。

 

ここでは、当事務所のサポート体制をご紹介させていただきます。

 

1.障害年金の専門家

一般的な社労士事務所では、障害年金のサポートに力を入れているところは

多くありません。

当事務所では、障害をお持ちの方々をサポートしたいという思いから、

障害年金について相談・申請のサポートをさせていただいております。

また、障害年金の受給資格があるかどうかなどの診断についてもサポートをしております。

 

2.最短3日!迅速対応!

佐賀障害年金相談センターでは、日々の生活にお困りの障害をお持ちの方のために

圧倒的なスピードで対応することをモットーとしております。

1日でも早く受給したいとお望みの方は、是非、佐賀障害年金相談センターまで

お問い合わせください。

 

3.無料相談によるサポート

専門家に相談すると費用がかかってしまうと思われている方も多いかと思います。

佐賀障害年金相談センターでは、多くの障害をお持ち方の助けになりたいと思い、

無料相談会を実施しております。

障害年金の受給確率の相談から、障害年金をもらうためのコツ、

障害手帳を取得するためにしなければならない手続きの流れまで、

詳細にご説明・ご提案をさせていただいております。

⇒無料相談はこちら

まずはお気軽にご相談を!!

soudan.BMP

ryoukin.BMP

jimusyo.BMP
 
soudan02.png

ookidenwa.BMP

障害年金メニュー

●基礎知識 ●受給額 ●受給のポイント ●受給要件
●障害年金の種類 ●必要書類 ●障害の認定方法 ●請求時の注意点
●障害年金の等級 ●相談の流れ ●受給の流れ ●サポート料金