• HOME
  • うつ病で受給できる認定基準

うつ病での障害年金を受給できる基準

 

うつ病の等級


うつ病の等級に関しては、以下をご確認ください。

1級
高度の気分、意欲・行動の障害および高度の思考障害の病相期があり、
かつ、これが持続したり、ひんぱんに繰り返したりするため、常時介護が必要なもの
2級
気分、意欲・行動の障害および思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり、
またはひんぱんに繰り返したりするため、日常生活に著しい制限を受けるもの
3級
気分、意欲・行動の障害および思考障害の病相期があり、その病状は著しくはないが、これが持続したり、または繰り返し、労働が制限を受けるもの


うつ病の受給要件


うつ病で障害年金を受給するための要件としては以下のような条件が挙げられます。

・うつ病で通院して、1年半以上が経過していること
・20歳以上で65歳未満
・保険料納付済期間 が加入期間の3分の2以上
・過去に自傷行為があった
・入院したことがある。
・現在、お勤めされてない方

その他にも様々な条件が挙げられますので、詳しくは当事務所までご遠慮なくお問い合わせください。


まずはお気軽にご相談を!!

soudan.BMP

ryoukin.BMP

jimusyo.BMP
 
soudan02.png

ookidenwa.BMP

障害年金メニュー

●基礎知識 ●受給額 ●受給のポイント ●受給要件
●障害年金の種類 ●必要書類 ●障害の認定方法 ●請求時の注意点
●障害年金の等級 ●相談の流れ ●受給の流れ ●サポート料金