• HOME
  • 特別障害者手当

特別障害者手当

 
精神又は身体に著しく重度の障害があり、日常生活で常に特別介護を必要とする特別障害者に対して支給される手当てが特別障害者手当です。

上記のような状況で、かつ在宅の20歳以上の方に支給されます。


支給額


月額26,340円
※原則として毎年2、5、8、11月に、それぞれの前月分までが支給されます。


請求等の手続きに必要なもの


1.所定の認定請求書・診断書
2.前年所得(1~6月に申請するときは、前々年の所得)の証明書
3.全世帯員の住民票の写し
4.本人の戸籍「謄本」又は「抄本」


次の方は対象外となってしまいます

1)所得が基準を上回っている方
2)特養ホームなど施設に入所している方
3)病院または診療所への入院が3カ月を超えた方
 

「特別な介護」の程度とは・・・


長期間の安静(寝たきり)を要する病状で、

手や腕、足が動かせない

目や耳が不自由

などの生活するうえで困難な状態が2種類以上重複している程度のことを言います。

基準


① 両目の視力の和が0.04以下のもの(矯正視力による)
② 両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもの
③ 両上肢の機能に著しい障害を有するもの、又は両上肢のすべての指を欠くもの、
   もしくは両上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの
④ 両下肢の機能に著しい障害を有するもの又は両下肢を足関節以上で欠くもの
⑤ 体幹の機能に座っていることができない程度又は立ち上がることができない程度の
   障害を有するもの
⑥ ①~⑤のほか、身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が①~⑤と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを
   不能ならしめる程度のもの
⑦ 精神の障害であって、1~6と同程度以上と認められる程度のもの



 

まずはお気軽にご相談を!!

soudan.BMP

ryoukin.BMP

jimusyo.BMP
 
soudan02.png

ookidenwa.BMP

障害年金メニュー

●基礎知識 ●受給額 ●受給のポイント ●受給要件
●障害年金の種類 ●必要書類 ●障害の認定方法 ●請求時の注意点
●障害年金の等級 ●相談の流れ ●受給の流れ ●サポート料金