• HOME
  • 請求時の注意点

請求時の注意点

 
障害年金を請求するにあたって、注意するべきことが大きく2つあります。


1.「初診日」の時に加入していた年金制度は何か?


2.「認定」方法をどうするか?


1.「初診日」の時に加入していた年金制度は何か?


障害年金を請求する際に、「初診日」がどの年金に加入中であったかを見極めることはとても重要です。

なぜならば、初診日に加入していた年金の種類により、受給できる障害年金の種類が違ってくるからです。

初診日の時、国民年金に加入していた場合、受給の対象となるのは障害等級1級または2級の方となります。
一方、厚生年金に加入していた場合は、1級、2級、3級に該当する方が受給の対象となります。

障害等級が3級の方は、国民年金だと受給資格がありませんが、厚生年金だと受給資格を取得することができます。

このように、「初診日」時に加入していた年金制度には特に注意しなければなりません。


2.「認定」方法をどうするか?


障害年金を請求する際、認定を「1年6ヶ月時」にして請求した場合は、月日をさかのぼって年金を請求することができるため、受給額が多くなります。

一方、「事後重症」で請求した場合は請求したその日が認定日となり、そこからのみ受給できるため、1年6ヶ月時請求とは異なり、さかのぼって年金を受給することができません。

まずはお気軽にご相談を!!

soudan.BMP

ryoukin.BMP

jimusyo.BMP
 
soudan02.png

ookidenwa.BMP

障害年金メニュー

●基礎知識 ●受給額 ●受給のポイント ●受給要件
●障害年金の種類 ●必要書類 ●障害の認定方法 ●請求時の注意点
●障害年金の等級 ●相談の流れ ●受給の流れ ●サポート料金