障害年金の必要書類

 
障害年金の需給資格があることが分かったら、次は請求するために必要な書類を集めることになります。
書類は社会保険事務所、もしくはお住まいの市区町村役場の窓口でもらうことができます。

それでは、障害年金の請求に必要な書類について説明していきます。

主に必要となる書類は以下の4点です。

(1)診断書



(2)病歴・就労状況等申立書



(3)受診状況等証明書



(4)障害給付裁定請求書

 


(1)診断書


障害年金における診断書は、傷病名ごとではなく、障害の種類によって8種類に分けられています。


1 目の障害
2 聴覚、鼻腔機能、平衡機能、そしゃく・嚥下機能、言語機能の障害
3 肢体の障害
4 精神の障害
5 呼吸器疾患の障害
6 循環器疾患の障害
7 腎疾患、肝疾患、糖尿病の障害
8 血液・造血器、その他の障害


基本的には一つの傷病について上記の診断書のうちいずれか一つを使用することになりますが、一つの傷病で二つ以上の障害がある場合は、それぞれの障害に応じた診断書が必要になります。

詳しくは当事務所まで、ご遠慮なくご相談ください。



(2)病歴・就労状況等申立書(病歴状況等申立書)



病歴・就労状況等申立書は、請求者が記載する書類です。

発病から初診日までの経過、現在までの受診状況および就労状況等について記載するもので、審査において病状の経過や日常生活の状況を把握するための資料となります。



(3)受診状況等証明書 


かかっている医療機関が2ヵ所以上ある場合に必要となる書類です。

この受診状況等証明書は、診断書作成医療機関と初診時の医療機関が異なっている場合に、初診の時の医療機関から「初診日」の証明を受けるために用意する書類です。

請求者が初診日から継続して同一の医療機関で受診されている場合は、提出された診断書によって初診日の医証(医師の証明)が確認できますので必要ありません。



(4)障害給付裁定請求書


この請求書には、障害基礎年金請求用障害厚生年金請求用の2種類があります。

請求者の氏名や住所、配偶者や子などのデータ、その他請求にあたっての基本事項を記入する書類で、障害年金の請求は、この年金請求書に診断書などの必要な添付書類を付けて行うことになります。


まずはお気軽にご相談を!!

soudan.BMP

ryoukin.BMP

jimusyo.BMP
 
soudan02.png

ookidenwa.BMP

障害年金メニュー

●基礎知識 ●受給額 ●受給のポイント ●受給要件
●障害年金の種類 ●必要書類 ●障害の認定方法 ●請求時の注意点
●障害年金の等級 ●相談の流れ ●受給の流れ ●サポート料金