• HOME
  • 知っておいてほしい障害年金の話

年金事務所で誤った判断をされてしまっていたケース

相談者の状況

年金事務所にて、障害年金の申請をしようと窓口に行ったら、「あなたは初診日までに年金納付要件を満たしていないので申請出来ない」といわれ諦めきれず、相談にいらっしゃいました。


相談者は30代で精神疾患を患う方。初診22歳でした。年金事務所窓口で、加入記録だけを貰って帰ってきました。

社労士の見解

加入記録と、相談者の初診日の確認をして照らし合わせました。
初診日の前々月は納付要件に満たしているのです。

 


また、加入記録では障害基礎年金のみ受給申請対象でした。


しかし相談者は長期の派遣労働にて契約、就業期間も2ヶ月超で逃げるように帰宅したとのこと。加入期間の確認請求で障害厚生年金受給可能ではないかと判断いたしました。


現在行っていること

加入要件を再確認しました。
年金事務所は、相談者の加入記録検索時、対象年齢を20歳より初診前々月までの納付要件のみ見ていたために、20歳前に就業し納付していた月数をカウントしていなかったことが確認できました。

また初診日にあたる年金制度について、確認請求を要望し、書類の取得をしました。

社労士からのコメント

もし相談者が、年金事務所で申請不可と言われて、そのまま諦めていたら・・・・と思うと身の凍る思いがしました。

また、この年金事務所では加入履歴の確認請求という手続きは知りませんでした。
年金事務所の上役含め数人が資料をひっくり返して騒いでいらっしゃいました。一向に解決しないので、後日連絡を頂きました。

年金事務所でも間違いや、把握していない手続もあります。
後悔しないためにも、一度専門家にご相談ください。


まずはお気軽にご相談を!!

soudan.BMP

ryoukin.BMP

jimusyo.BMP
 
soudan02.png

ookidenwa.BMP

障害年金メニュー

●基礎知識 ●受給額 ●受給のポイント ●受給要件
●障害年金の種類 ●必要書類 ●障害の認定方法 ●請求時の注意点
●障害年金の等級 ●相談の流れ ●受給の流れ ●サポート料金